おみくじの順番は

そもそも、おみくじとは、古代の日本で行われたくじ引きがはじまりと言われています。
古代の日本では、国の政治や跡継ぎを選ぶ際に、くじ引きを行うことによって、神の意志を占っていました。
これが、現在神社やお寺などで行われている、おみくじの起源とされています。

現在行われれているおみくじの原型となったのは元三慈恵大師良源上人という方が始めたものと言われています。
現在のようにおみくじを神社やお寺に来た人が個人で吉凶を占うようなかたちは、鎌倉時代の初期の頃に行われるようになったそうです。
おみくじが行われるようになった当初は、神社やお寺がおみくじを用意するのではなく、神社やお寺に参拝に来た人が自分でおみくじを用意するというのが一般的でした。

おみくじの方法は色々ありますが、代表的なものはみくじ棒と言われる細長い棒が入った円柱形や角柱形の筒状になっているみくじ筒またはおみくじ箱をしようするものです。
おみくじ箱を振ってみくじ棒を箱の穴から一本取り出すと、出てきたみくじ棒の先端または中央に記入されている番号と同じ番号のおみくじを受け取ります。
このおみくじ箱は両の手で抱えられるくらいの大きさと重さのものが多いですが、中には一人ではできないくらいに巨大なおみくじ箱もあります。
自動販売機で購入できるおみくじがありますが、これは大正期に新聞社の女子道社が実用新案を登録しました。
女子道社は全国で作られているおみくじの約七割を製造しています。

おみくじとは

おみくじの吉凶の種類は、神社によって変わります。 吉凶が12種類ある場合には大吉、吉、中吉、小吉、半吉、末吉、末小吉、凶、小凶、半凶、末凶、大凶の順番になります。 この他にもより細分化され、17種類の吉凶があるおみくじもあります。 また、おみくじの順番を設けていない神社もあります。

おみくじの意味

おみくじと言うと今の自分の運勢を占うという意図で引くという人がほとんどになるでしょう。 おみくじは運勢を占うためのものではなく、おみくじの内容から今の運勢とこれからの行動を気を付けるためのものになります。 なので、注目すべきところは吉凶ではありません。

おみくじの引き方

引いた後のおみくじは、凶が出たとしても持ち帰って構いません。 もともと、おみくじは引いた人が持ち帰るものでした。 おみくじを木に結び付ける風習は、江戸時代の頃から始まったといわれています。 おみくじを結ぶところが設置されていない場合には、勝手に木に結ばず、持ち帰るようにしましょう。